Sunday, 15 July 2012

アンプティサッカーチームの練習を見てきました!

アンプティサッカーをご存じですか?
アンプティサッカーでは
下肢切断者は、義足を付けずクラッチ(松葉杖)を使ってフィールドプレーヤーになり
上肢切断者は、義肢を付けずゴールキーパーになります。

フィールドやゴールが、二本足でするサッカーより一回り小さい(フットサルと同じ位のようです)
フィールドプレーヤーは6人
オフサイド・ルールはなし
選手交代は何回でもできる
試合時間は前半後半25分ずつ
切断下肢やクラッチで故意にボールに触れるのは「ハンド」扱い
など、独特のルールがあります。
(アンプティサッカーの詳しいルールについては
 日本アンプティサッカー協会のページをご覧ください。)

ウズベキスタンは、アンプティサッカーのワールドチャンピオン(しかも連続2冠)を達成しており
ナショナルチームは大統領からも表彰を受けるなど
アンプティサッカーの知名度は思いのほか高いです。
プロジェクトを開始してから幾度となくアンプティサッカーチームの活躍ぶりを耳にしてきたので
一度はプレーを見てみたいと思っていたのですが
先週ようやく、練習を見学させていただくことができました。


video
ナショナルチームのベストメンバーによるパス回し

クラッチを使った素早い身のこなしにご注目ください!
ボールへのインパクトの瞬間には
クラッチだけで体を支えることになるのですが
トスやトラップの際、体が横になるような状態になっていることもあり
その素晴らしいバランス感覚に感嘆。
(器械体操しながらボールも蹴っているようなイメージ?)
1回見ただけで、すっかりファンになってしまいました☆

ボールを蹴ったすぐ後、体は宙に浮いている
激しい当たり


7月16日からは、ウズベキスタン国内トーナメントが始まります。
応援に行かなくては☆

No comments:

Post a Comment